FX投資・米ドルについて

米ドルの特徴は?

米ドルは、世界経済で最も利用されている、世界の基軸通貨としての地位を確立している通貨です。

それゆえ、世界の政治情勢や戦争・テロなどの影響を受けやすいといった特徴もあります。
例えば、戦争やテロなどの有事の際には、強い軍事力を背景としたアメリカの安全な通貨"米ドル"に資金を移動させる動きが顕著になる、というような特徴です。

しかし、湾岸戦争以降、9.11のアメリカ同時多発テロやイラク戦争の際には、米ドルが売られるなどのこれまでの動向とは相反するケースが増えていることも事実です。

とはいえ、第2の基軸通貨としての"ユーロ"もドルに取って代わるほどの強さもまだ備わってはいないため、基本的にはアメリカの間接的な関与はあるが直接には関与しない"戦争・テロ等の有事"の際のドル買いは、これまでと変わらないと思われます。

また、GDP世界一位を誇るアメリカの経済状況により世界の経済は左右されるのも事実ですし、米ドル相場の動向は他通貨へも大きな影響を与えます。

FXのファンダメンタル分析に必要なアメリカの経済指標・金利政策・企業業績のニュースも、TVやインターネットを通して瞬時に流されることもあり情報量も多く、個人投資家に人気のある通貨です。

そして、米ドル相場は国内外の経済状況以外にも、アメリカの政策の動向・要人の発言により左右される事も多いので、アメリカの経済指標だけではなく政治・政策の動きなどにも目を光らせておく必要があると思います。

一度下落しだすとスピードが速くなる傾向もありますが、世界の基軸通貨ということもあり影響が大きいので市場介入が行われることも多く、"ドル/円"相場の場合は日本政府の動向にも注意する必要があります。

また、金価格の動きに大きな関わりがあるのも米ドルの特徴です。
金価格が上昇するとドル価格は下落し、金価格が下落するとドル価格が上昇する傾向もあります。

FX取引を行う上では、情報も多く入手しやすいですしトレンドも読みやすいので、上級者だけではなく初心者にもはずせない通貨と言えます。